よもやまシネマ386 “午前十時の映画祭8/麥秋”
e0120614_18274190.jpge0120614_15560015.jpg




2018.3.23

最終日駆け込みで、往年の名作“麥秋”をはじめてスクリーンで観ることに・・・。公開されてから60年以上も経つという昔の作品なのに、どうしてこうも感動させられるのか。1951年に上映された作品は、時が経っても色あせないジンワリとこころに染み込む演出で、あらためて小津安二郎監督の凄さを味わうことになりました。日本を代表する監督として、かの黒沢明よりも世界では評価が高いとされる名匠小津安二郎。いままでDVDでしか観たことのない自分ですが、今回劇場スクリーンで鑑賞し何とも言えない世界観にすっかり酔ってしまいました。平凡な生活をただ描き出すだけなのに、なんでこんなにもひとを愛しく思えるのだろう。日常の中にある風景をほんのちょっと切り取った物語に、どうしてこうも感動してしまうのか?見終わった時感じたのは、小津監督の中にある人間愛が、人並みはずれ深く大きいことに気づかされる。そう、人が大好きで愛おしくてたまらないという、そんな感情が作品の中に溢れ出ているのです。庶民の何気ない生活を切り取り、だれにでもあるこころの動きを描き出すだだそれだけなのに・・・。タイトル名の“麥秋”の麥と言う字をよく見ると、人という字が幾つも重なり合って構成されています。想うにきっと人生の秋を迎える人々への賛歌として創られた作品なのだと、ひとり想うわたしでした。
映画はまずテーマを決め、観客にメッセージを贈る形で創られるもの。基本かなり題材を選び吟味し表現に繋げて行くため、ある意味独創性が要求され、時に押しつけや思い込みへと繋がってしまうもの。伝えるべきテーマがはっきりとしていればいるほど、良くも悪くも作品は創りやすいとは思うのだが・・・。小津監督作品には、そうした大上段に構えたテーマはほとんど見受けられない。それなのに何故こんなにも、人に寄り添い感動を与えてくれるのか不思議である。催眠術にでもかかったような気分になる。世界で賞賛されるのは、自分たちと同じ人間が織りなす等身大の世界を包み込むように優しく描き出すからではないでしょうか?時折入るユーモアを巧みに交えそれもサラッと・・・。観る側がこんなにも肩の力を抜いて鑑賞出来る作品は、エンターテイメントを目指す作品が多い中そうそうない。ここがだれにもまねの出来ない、小津ワールドなのでしょう。“麥秋”は、小津作品の中では最高の呼び声高い作品だと言われています。観て損のないことは、わたしも保証いたします。偉そうに言って恥ずかしいのですが、時代がどんなに変わっても、絶対に変わることのない人を想うこころ、そして忘れがちな人に寄り添う気持ちを思い出させてくれます。こころがじわぁ~っと暖かくなりとても幸せな気持ちになりました。
小津監督には欠かせない女優の原節子さんは、まさに伝説になっている人。この作品でも他の女優さんにはないオーラが出まくり物語の主人公紀子を演じています。役は少しだけ裕福ではあるが、戦後間もない頃の日本なので生活はごくごく質素である。そんな庶民役でも何とも言えない上品さが溢れ、まさにこれぞ女優と言わせる魅力が画面から溢れてきます。まわりの俳優陣もみな実力者揃いで、映画史に残る名優ばかり・・・。原さんを含め当時はまだ、みなさんそんなお年を召していないのに凄い存在感。名を残す人は、はじめから輝いていると言うことをまざまざと見せられます。後に紀子が嫁ぐ家の姑さん役の杉村春子さんがやっぱり半端ない存在感でした。戦後ようやく平和を迎えたひとびとの、細やかな幸せを描いた作品の“麥秋”だが、監督はこの作品で「人の世の、輪廻と無情」を描きたかったと述べています。
P.S. 劇の最後、お母さん役の東山千栄子さんがぼ~っと部屋のどこかを見つめ発した言葉「いろいろありましたが、幸せな人生でしたねぇ~。」が、すべてを表しているようなそんな気がします。
[PR]
by eddy-web | 2018-03-27 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ387 “トゥー... よもやまシネマ385 “ちはや... >>



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif