よもやまシネマ384 “午前十時の映画祭8/招かれざる客”
e0120614_18274190.jpge0120614_14183870.jpeg




2018.3.09

公開から51年にもなる懐かしい名作、“招かれざる客”を鑑賞。この作品を観たのはリアルタイムではなく、数年がたったころ名画座での鑑賞だったと記憶している。いまでもテーマとされる人種差別問題に深く切り込んだ作品に、当時胸を打たれたことが思い出されます。時が経ち先日64歳になったばかりの今観ると、また違った意味で色々感じるところがありました。単に人種を超えた愛の物語などとは、言い表せない奥の深い問題をきめ細かに描いていることに気がつかされます。当時の時代を考えれば、こんなに奇麗ごとではすまされない話ではないでしょうか?
それにしても、出ている俳優さんたちの演技力には舌を巻いてしまいます。たった一日の出来事を描いているのに、なんと濃い時間を感じさせてくれるのだろう。交わす言葉の誠実に満ちた感情移入は、一言一言に重みがありこころにズシンと響きます。時代も大きく変わり今でこそ自由になった恋愛だが、もしこの状況が自分に降り掛かったらどんな答えを導き出すなかと考えさせられてしまいます。そのくらいの圧倒的な俳優さんたちの演技力が、ただただ凄いのひとこと。この作品は多くのアカデミー賞にノミネートされて話題になった訳だが、主演女優賞と脚本賞を授賞した。母親役を演じたキャサリン・ヘップバーンが見事な演技で、2度目の女優賞に輝いた文句のつけようがない作品である。複雑な母親の感情をきめ細やかな演技で演じ、思わず涙を誘う。主人公の黒人青年医師を演じたシドニー・ポワチエは、この作品の4年前に“野のユリ”で黒人俳優ではじめてのアカデミー主演男優賞を獲得した俳優で脂ののった見事な演技でした。実父との口論で「黒人である前に、人間でありたい」と訴えるシーンはまぎれもなくこの作品のテーマそのものである。脇を固める俳優さんたちも、みな人間味に溢れ突然降って湧いた出来事を右往左往しながらウェットに富んだ会話でこころを和ませてくれます。こんなひとばかりなら、世界平和も夢ではないと思わせてくれます。わたしが一番感動したのは、何と言っても父親を演じたスペンサー・トレーシーの演技。凄過ぎて言葉が見つかりません。残念ながらアカデミー賞は逃しましたが、紛れもない名優の演技で忘れることのできない作品となっています。残念ながらこの作品が彼の遺作となってしまい、観れば観るほど残念に思えてしまうわたしです。キャサリン同様彼もまた映画史に残る名優として、燦然と輝くスターとなりアカデミー賞ノミネートはジャック・ニコルソンに抜かれるまで9回を誇る俳優さんでした。
映画を見終わって、現在描かれている人種差別をテーマにしたものの原点はここにあるような気がします。至ってシンプルな内容の作品ですが、まさしく名作とはこういう作品を言うのだろうと改めて確信しました。あなたも是非、観てはいかがですか?
P.S. キャサリン・ヘップバーンとスペンサー・トレーシーの関係は周知の事実だった当時、籍こそ入れていなかった二人だが最期を看取ったのはやはりヘップバーンだったそうです。映画の中と同じ、愛に満ち溢れたパートナーだったに違いありません。彼の死後、彼を思い出し辛いという理由でヘップバーンはこの完成版を観ていないと記述に残っています。いまは天国で幸せに、下界を見下ろしていることでしょう。合掌。
[PR]
by eddy-web | 2018-03-09 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ385 “ちはや... よもやまシネマ383 “シェイ... >>



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif