よもやまシネマ382 “BLACK PANTHER ”
e0120614_18274190.jpge0120614_18281383.jpg




2018.3.01

マーベル最新作“BLACK PANTHER ”を、公開初日に鑑賞。マーベル・コミックの実写化作品としては18作目となるもので、黒人が主役のはじめての作品でもある。この黒人主役の作品と言うのは映画界でも少なく、ましてやヒーローものともなればはじめて。話題にならないはずも無く、全米では異例の大ヒットを記録している。またアメリカでは、オバマ大統領の誕生以来の歴史的出来事と称賛されている。それは単に黒人のスーパーヒーローが活躍する単純な設定ではなく、奴隷制度や植民地主義、※アフロフューチャリズムといったテーマも含まれ、社会現象にまでなっているとのこと。
さて、作品の感想です。マーベル発のニューヒーローは、すでに“キャプテン・アメリカ/シビルウォー”にて登場しているのはご存知だと思います。キャラのひとりという設定だったので、あまり素性が明かされず興味をそそられるひとも多かったはず。今回はそのすべてが解明される作りとなっていて、やはり単独の物語でしか描けない細部にわたっての創り込みがあり素晴らしい仕上がりでした。いままでのヒーローとも違う、新しいヒーロー像を創り上げている気がします。はじめに述べたように、アメリカの歴史にも深く関わる人権問題がバックボーンにあることがよく伝わり感銘を受けました。出演者のほとんどが黒人というのも異例だし、ましてや黒人がメインのヒーローものなど数十年まえなら考えられなかったことではないでしょうか?舞台はアメリカとアフリカの小国「ワカンダ」(架空の国)。この国の若き国王ティ・チャラが主人公だが、この国表向きは途上国の貧しい国なのだが実は・・・?と言う、この発想がまず面白い。まんざらあり得ない話でもないかも知れません。これだけでも創造力が掻立てられ、わくわくドキドキします。ハイテクの最先端をいくこの国の科学の粋を集め生まれたヒーローが、今回の主役ブラック・パンサー。いやぁ~、メチャクチャカッコイイです。シンプルな黒のコスチュームに身を包み、いっけん地味なようで切れ味は最高。他のヒーローの艶やかさはないが、逆に引かれるキャラである。目立ってなんぼのヒーローものではあるが、このヒーローの存在はマニア向けではないでしょうか?さきほど述べた人権問題などを抱えている背景が、新しいヒーロー像に組み込まれているコンセプトに拍手です。一発で好きになりました。近く公開予定の“アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”にも登場することになっている訳だが、あまり進化しないでこのままのシンプルなスタイルを崩さないでほしいと願うわたし。昨今のヒーローは続編が公開される度に、進化を重ねだんだんとロボットみたいな重装備になっています。はじめからそう言うキャラは別として、そうでないキャラは原点を忘れないで欲しいと一ファンとしてお願いしたい。予告でチラっと観たスパイダーマンのコスチュームですが、ちょっとやり過ぎに見えたのはわたしだけでしょうか?軟弱な青年の面影が全く感じられませんでした。それぞれにキャラの特徴があり、スパイダーマンのようなおおよそ虫も殺せないような男が変身するのが面白いし、夢を与えてくれるのではないでしょうか?昔のヒーローはなぞが多く、だからカッコ良かったのです。あまり目立ってはいけません。あれ!!いつの間にか話が変わってしまいました。まだ観てもいないのに、余計なことを言ってしまいました。悪い癖です、申し訳ありません。
ニューヒーロー登場に熱くなってしまいましたが、ぜひ劇場に足を運び確かめてください。きっとあなたも好きになるはず・・・。
P.S. 俳優さんもほとんどが黒人でしたが、監督さんも黒人のライアン・クーグラー。“フルートベール駅で(実話の射殺事件)”でデビューを飾りその才能を高く評価されたひと。今作が3作目だが、これからがますます楽しみ。マイノリティの視線にたった作品は、もちろんですがこれからも沢山良い作品を創って欲しいと願うわたし。あと映画の中で目を引いたのが、衣装デザイン。古典的なアフリカの民族文様や色彩などを生かし、実に見事なアレンジで近未来の衣装を創造しています。そのあたりも、ひとつの見所ではないでしょうか?
※“アフロ・フューチャリズム”とはミュージシャンに限らず一部の黒人 アーティストが表現する宇宙思想。

[PR]
by eddy-web | 2018-03-02 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ383 “シェイ... “グレート・ショーマン”との驚... >>



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif