よもやまシネマ324 “ハクソー・リッジ”
e0120614_14292720.jpg
e0120614_13402868.jpg




2017.6.26


大好きな俳優&監督の10年ぶりにメガホンを取った作品“ハクソー・リッジ”を鑑賞。そのひとこそはメル・ギブソン。デビューは鮮烈で、オーストラリアの映画を世界にしらしめたアクション作品の金字塔。今観ても充分熱くなる、血湧き肉踊る“マッド・マックス“である。この作品をきっかけにハリウッドに進出し、スターへの道へと突き進んだ彼。ここ数年スキャンダル(DVやアルコール依存)が取りざたされ、肝心の映画よりそちらばかりが目立つ始末。このまま引退なんて・・・と心配していたのですが、戻ってきました。個人的には俳優としても、監督としてもその才能に引かれるわたし。特に監督としての才能は、他の監督にはない描写への拘りが感じられ強く引かれます。徹底した時代考証を行い作品づくりに挑むのだが、逆に専門家からの異論が多いのも事実である。いっぱい好きな作品はあるのですが、“アポカリプト“が大のお気に入り。アカデミー賞を獲った“ブレイブ・ハート“よりもむしろ好きなわたし。やっと戻って来てくれたと、嬉しさより感謝の気持でいっぱい。そして、今作品“ハクソー・リッジ”で再び彼の才能を確かめることになり、さらに好きになりました。
もうひとつこの作品に引かれる訳があります。主演のアンドリュー・ガーフィールドが大のお気に入り俳優だからだ。彼の出演した作品はほとんど観ているが、どの作品を観ても役になりきり作品のもつクオリティを上げかつ印象深くしている演技力にある。“わたしを離さないで“のトミー役で観た、彼の魂の叫びがほとばしる慟哭のシーンは生涯わすれることのできないものとなりました。それ以来だいファンのわらしです。つい最近公開せれたスクセッシ監督の“沈黙“でも素晴らしい演技をみせてくれたばかり。今回も素晴らしい力のこもった熱演です。優男のイメージが強い彼がみせる、真の強さに今回もやられました。
“ハクソー・リッジ”は、実話がもとに創られた作品とのこと。事実だと思って観ると複雑な気持になる。とくに戦争を描いた作品を観る度に、なにか得体の知れないモヤモヤ感が自分を縛り付けます。今回の作品も間違いなくこのジャンルでは秀作のひとつと言えるでしょう。描写が実にリアルで目を背けたくなるシーンの連続。女性にはあまりお薦め出来かねます。もちろん中身は素晴らしいのですが・・・。主人公デズモンド・ドスの生きざまには、本当に心うたれます。信念とはまさにこう言う事を指すのだと思います。ここまで貫けるひとは、いったいどれだけいるのでしょうか?こうありたいとは思ってはみても、現実の中では容易い事ではありません。ある戦闘シーンの中、天を仰ぎ「自分は何をすれば良いのですか?」と神に問うところは、グッと胸に突き刺さります。“沈黙“でも似たようなシーンがありましたが、こころの叫びは彼の専売特許と思えるくらい凄い迫力です。
エンドロールでは本人の映像が流れ、当時の話をされています。そして思ったのは、いままでも感じてきたモヤモヤの感情の整理。戦争という事実を現実に知らない自分が、作品を観て感動する。これってそれだけではいけないのでは・・・。戦争はしては行けない行為だし、認めてもいけないもの。この作品の中でも言ってますが、命を奪う行為は一番許されない悪行。たとえそれが大切なものを守る行為でもあっても、ということをこの作品は教えてくれます。今作品の舞台が沖縄であり、主人公の敵が、わたしたち日本人だというのにも複雑な感情をいだきます。多くの民間人が犠牲になったことは描かれていませんが、この事実も忘れてはいけないとこころとあらためて思いました。そしておおくの戦没者に哀悼の意を・・・。
[PR]
by eddy-web | 2017-06-27 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ325 「午前1... よもやまシネマ323 「午前1... >>



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif