人気ブログランキング |
よもやまシネマ323 「午前10時の映画祭」“イブの総て”
よもやまシネマ323 「午前10時の映画祭」“イブの総て”_e0120614_1832119.jpg
よもやまシネマ323 「午前10時の映画祭」“イブの総て”_e0120614_13402868.jpg




2017.6.19


すっかりはまってしまった「午前10時の映画祭」。今日は往年の名作“イブの総て”。1950年の作品で、その年のアカデミー作品賞はじめ全6部門を受賞した折り紙付きの作品である。わたしが生まれる4年も前の作品というのに、感慨深いものがある。主演はベティ・デイヴィスそのひと。ハリウッド史上屈指の演技派女優として「フィルムのファースト・レディ」と呼ばれていた大女優。アカデミー賞のノミネート数も11回と、キャサリン・ヘップバーンに抜かれるまでは一位の記録を保持。凄いのひとことである。実は彼女の作品を観るのは2度目。彼女なんて気軽に呼ぶのは失礼とは思いつつ、あえて言わせていただきます。彼女の印象はとても気が強く、怖いイメージが強い。作品を観ていなくても感じる、目力の迫力にある。決して美人とは言えない顔立ちと、なんと言ってもいその瞳の大きさの圧倒される。映画の話に入る前にいろいろはなしがつきないが、彼女の歴史そのものがすべて興味深く話題にことかかない。それだけでも大女優の証かも知れません。調べたエピソードの中で、特に興味を引いたのが、 “青春の抗議”でアカデミー賞を獲得したときの話。前年度に“
痴人の愛“で最有力候補となったのだが、映画会社との間に確執が生まれ圧力がかかり賞を逃した。ところがそのことにより、評論家や世間のひとからの猛抗議が殺到したという。それくらい鬼気迫る演技力は、誰をもうならせたと聞きます。次の年に“青春の抗議”で見事オスカーを手にするのだが、前年度の同情票が集まった感は否めず、それを一番感じている本人が、受賞コメントで「“乙女よ嘆くな”のキャサリン・ヘップバーンが本当の受賞者である」と述べた。この話はぐっときました。真の女優とは彼女のことを言うのだろう。男前です。格好良すぎますね!!
どんな役でもこなし、むしろひとが忌み嫌う役をあえて選び挑戦する役者として、いまも高く評価されている演技力はほんもの。時間をみつけ一本でも多く、彼女の足跡をたどって観たい。
話は尽きませんが、“イブの総て”の感想を・・・。昔の作品ですので、いまと違い映画の教科書とでも言うような演出だったり、表現が多いのは想定内の話。きっと録音や音声技術もままならぬ頃のようで、セリフ回しや演技がやや誇張され舞台劇のような感じがしました。声も必要以上に張り上げている感じにはじめは戸惑ったのですが、脚本の素晴らしさなのか、ベティ・デイヴィスの圧倒する演技力なのか最後はスクリーンに釘付けないなっていた。タイトルのイブ役はアン・バクスターで、大スターを夢見る女の物語がテーマ。そしてベティが演じるのは、イブがあこがれる大女優マーゴ・チャニング。大いなる野望を胸に秘め、あの手この手でのし上がっていく女優と業界の裏側を描いたもの。女の怖さ、したたかさが存分に画かれております。昨今ではそう珍しくもないテーマですが、67年前となれば話は違う。スキャンダラスな内容で注目を集めたのは、言うまでも無い。感想はやはり、名作には嘘がないという事実。ラストなど、ただうなってしまう小気味いい演出で見事のひとこと。P.S. 無名時代のモンローが端役で出ています。やっぱりこの時からオーラが出ていて、メチャクチャ可愛いです。
はじめに彼女の映画は2本目といいました。この作品以外でスクリーンで観た映画は、彼女の晩年79歳の時に撮った“八月の鯨”。共演のリリアン・ギッシュ(93歳)共々、言葉に表せないほどの深みある演技は鮮明に焼きついています。静かにたんたんと進むお話なのだが、こころ癒やしてくれる。こんな年の重ね方ができたら、どんなに幸せだろうと当時ほんとうに思いました。岩波ホールにて公開されるや、異例のロングランになりわたしの尊敬する淀川長治さんが絶賛した作品。最後まで女優魂を貫いた女優、そして女性のベティ・デイヴィスさんに感謝です。いいものを観せていただきました。
よもやまシネマ323 「午前10時の映画祭」“イブの総て”_e0120614_1812121.jpg
若い頃の彼女は、やっぱり息を呑むほど奇麗でした。余談ですが、彼女をテーマにした「ベティ・デイヴィスの瞳」という歌が1981年に大ヒットしグラミー賞を獲ったそうです。この写真を観ると頷けます。
by eddy-web | 2017-06-20 18:02 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ324 “ハクソ... よもやまシネマ322 “光をく... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif