よもやまシネマ322 “光をくれた人”
e0120614_10585614.jpg
e0120614_13402868.jpg




2017.6.15

11日(日)に大きなイベントの仕切りがあり、精神的にややお疲れモードだったわたし。元気を取り戻すため、3日続けての映画鑑賞へ。昨日観た“マンチェスター~”もそうだが、観たかった作品が多いとき選択にこまる時がある。一番観たい順に観ればいいことなのだが、そうはいかないのが現実。時間の制約があり難しいのだ。今日観た作品は、“光をくれた人”。昨日観たかったのだが、時間が合わず今日になった。さらにこれが運悪く、近隣の映画館上映が昨日まで・・・。
とほほである。これで間を空けると、見逃すことがよくあるのである。そんなことが多々ある自分は即調べ、銀座の劇場へと足を運んだ。もちろんとんぼ返りの強行である。やはり映画は劇場でのポリシー。
無理して来たかいがあった。昨日も感動をもらったが、今日はもっと感動をもらいました。どちらも甲乙つけがたいのだが、好みでは今日の作品に軍配です。いろんな意味で感動の要素がすべて整い、こころがえぐりとられた。最後は涙なくしては観られない、人生の悲しみと喜びが波のように打ち寄せる。
はじまりは重たく、中盤はハラハラドキドキのサスペンスの展開となり、そしてラストはヒューマンドラマへと・・・。こんな人生を経験するひとなど、そうはいまい。だから映画という作品になるのだという、まさに映画のためのストーリーです。さきほど言った感動の要素がすべて描かれているとはそう言う意味。ひとはだれしも人には言えない、悲しみや苦しみのひとつふたつは抱えているもの。そんなものを分かち合えるひとが目の前に現れたら、どんなに幸せでしょう。ただ人生はそこが終わりではないことを、この作品は綴りあげる。神様は時に残酷な試練と仕打ちをあたえる。どうしてこんなにも苦しい思いをしなければ行けないのかと、思わず神を恨んでしまう。客観視できないほど、強く感じてしまったわたしである。登場人物に悪い人はいない。みないいひとなのだが、ほんの運命の悪戯が人生を大きく揺るがす。これでもかこれでもかと、つづく試練にひとはどう立ち向かうのか?昨日観た“マンチェスター~”もいそうであったように・・・。それでも生きて行かなければいけないである。そしてすべてを受け入れた時、きっと穏やか気持ちに満たされるのかも知れません。そんな風になれるのか、不安だらけですが自分に正直でありたいと感じます。
この作品を観たいと思ったのは、あるTVで紹介され主人公の妻イザベル(感情)について大きく意見が分かれたところにある。二人の女性コメントが真っ二つ。これは確かめねばと、強い興味がわいてしまった。わたしは男なので微妙ですが、どちらの意見も間違ってはいないと感じました。女性の中の母性が海よりも深いことは、間違いありません。それにしても主人公トムは、男の中の男。こんなひとには、どんだけ頑張ってもなれそうにありません。それはやはり、多くの悲しみ苦しみを乗り越えて来たからに他ならない。ぜひ、観てほしい作品です。損はいたしません。
主人公トムを演じた、マイケル・ファスベンダー。味わい深い表情の変化で、こころを揺さぶります。代表作はアカデミー作品賞獲得の“それでも夜は明ける”で、メチャクチャ嫌な男を演じ高い評価をえました。ほんとに憎たらしかったです。幅のある俳優さんで、大好きな映画“X-MEN”のマグニートーを演じているのはご承知かと・・・。いま一番のっている実力派の男優さんです。二人の母を演じたアリシア・ヴィキャンデルとレイチェル・ワイズも女と母の慈愛に満ち素晴らしい演技でした。赤ちゃんと子どもの表情が素晴らしく、より悲しみに深みが表現され印象に残る。そして風景の美しさにも目を奪われます。そんな全ての演出が、怒濤の涙を誘うのです。みなさんハンカチをお忘れ無く・・・。「光をくれた人」というタイトルを、見終わると同時に噛みしめたわたしでした。
[PR]
by eddy-web | 2017-06-18 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ323 「午前1... よもやまシネマ321  “マン... >>



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif