人気ブログランキング |
よもやまシネマ-189 きっと、星のせいじゃない。
e0120614_1925382.jpg

e0120614_13402868.jpg



2015.Feb.24

2日連続の映画館。すみません、どうしても観たかったのでお許しを。どちらを観ようか昨日も迷ったのですが、時間のタイミングで昨日は“アメリカン・スナイパー”をチョイス。もちろんどちらも観たい作品でしたので、順番はありません。
さて、映画の話。久々に思いっきり泣かされました。ただ、悲しくて感傷的になった涙ではなく、むしろ励まされたような、なにか熱いものがこみ上げた結果です。不治の病という背景を除けば、ごく普通の恋愛を描いたユーモア溢れる青春物語になっているのが凄いところである。「生きることの難しさ、そして生きていることの幸せ」をこんなにも強く感じさせる作品との出会いは久々です。
まず、主演の二人に拍手を贈ります。難しい役どころを見事に演じ、とても身近に感じる存在感はまるで友だちになった気さえするのはどうしてでしょうか?それくらい自然体で素直な演技が素晴らしい二人です。ヘイゼル役のシャーリー・ウッドリー、ガス役のアンセル・エルゴートはこれからが本当に楽しみ。友人のアイザックを演じたナット・ウルフも二人に負けない演技でこころに残ります。背負ってしまった過酷な運命と、真っすぐに向き合い苦悩しながらも一生懸命に生きる若者たちに感動です。もっと毎日を真剣に生きなければと教えられます。
作品の中には、こころに残るセリフやシーン、そして音楽が溢れたくさんのメッセージが贈られてきます。鑑賞したひとはきっとその中から、ひとつふたつ人生の道標になる宝ものを拾うことでしょう。「虹を見たけりゃ、雨を我慢しよう」だったか???ガスの家の壁掛けの言葉が強く印象に残りました。なんと深い言葉でしょうか。テーマは重く悲しいのだが、二人の生きざまに圧倒され自分が恥ずかしくなる。感謝のこころや頑張る努力がまだまだ足りないようにあらためて感じてしまいます。原作はベストセラー小説(原作/さよならを待つふたりのために)だとか。ほぼ忠実に映画は創られているそうだが、読んでみたくなりました。暗いイメージなど微塵も感じさせない、むしろユーモアに満ち溢れ人と人の繋がりの深さをきめ細やかに描いています。自分の傷みよりもひとの傷みを気にする主人公たちが健気で美しい。友人アイザックの失恋に付き合い、元カノの家を訪ね3人で卵を投げるシーンが大好きです。大声をあげ未邪気に「僕たちは半端で、3人合わせて目が4つ、手が6本、足が5本・・・」なんて言いながらやんちゃをします。なんか輝いていて言葉になりません。でももっと素敵なのは、元カノのお母さんが咎めることなく家の中に消えるとこ・・・。うまく説明できませんが、それぞれの思いが詰まっていて涙が止まりませんでした。久しぶりに気持ち良い涙が流せ、こころの中の毒が全て外に流れでて行きました。多くの人に観て頂きたい作品です。とくに若いひとたちに観てもらいたいと思うわたしです。
P.S. 脇を固めた役者さんたちがまた、素晴らしかったです。ヘイゼルの母を演じたローラ・ダーン、父を演じたサム・トラメル、そして何と言っても二人が訪ねるあこがれの作家ヴァン・ホーテンを演じたウィレム・デフォーの凄さはこの作品を締め、憎たらしいくらい深みを加えております。“プラトーン”で名を馳せ、いよいよ円熟し、ただいるだけで絵になるとはこの人。“グランド・ブタペスト・ホテル”の怪演も記憶に新しいです。ますますの活躍期待しております。
Shoji UEKUSA
by eddy-web | 2015-02-26 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ-190 ミュー... よもやまシネマ-189 アメリ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif