よもやまシネマ-188 フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
e0120614_18273918.jpg

e0120614_13402868.jpg




2015.Feb.16

今回鑑賞の映画は“フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ”。宣伝文句は「世界でもっとも読まれている、究極のラブ・ストーリー」。究極のラブ・ストーリーとは如何なるものかと劇場へ・・・。
この原作は、一般女性(ロンドン在住)が趣味でネットに投稿した小説で、あれよあれよと話題になり世界累計1億部の大ベストセラーになったという代物。いま流行のネット小説のパイオニア的作品である。話題には事欠かない作品の映像化には、世界中の読者や映画ファンが待ちわびたに違いありません。
作品は冒頭から引き込まれるようなミュージックが画面から溢れ、何か解らないが謎めいた予感が五感を刺激します。かなり奇抜な発想の恋愛小説であることは、読んでも観ても明らかです。究極のラブ・ストーリーとは・・・こう言う事???。確かに究極には違いないが、一般人にはなかなか理解は難しいところでしょう。かと言って全然解らない訳でもなく、普通の判断基準ではない別の感性が計りになるような気がします。主人公のグレイの過去をあえてあまり深く描かず、わたしたちの好奇心をあおる。若くして名声を手にするイケメンの謎めいた男。かたやアナ(アナスタシア)はごくごく普通でどこにでもいる純粋で真っすぐな性格の女。そしてそんな生まれも育ちも、おかれた環境や生活もまったく違う別次元の二人の出会いひかれ合う。観客はシンデレラストーリーを夢み、妄想は膨らむ。だが彼は本当は・・・?
小説はきっと主人公の過去など、詳しく表現していることと思います。映画はそこをあえて追求せず、理屈抜きでひかれ合う男女が織りなす、もつれた複雑な感情をひたすら描いています。ラストも、“エッ、これで終わり!”みたいな・・・。すごくモヤモヤした感じの幕切れです。結論はみなさんご自由にと投げられた感イッパイ。
際どい内容の世界観の割に、ソフトな演出でお洒落といえばそうともいえる。でももっと究極と呼べるに相応しい表現もあったかも知れません。すこし優等生的な演出のようにわたしは感じがしました。だからと言ってもっと過激な表現がいいとも言えません。不可思議な愛の価値観がきっと存在するということで、何となくでも感じられればいいのかも・・・。解らなくても感じればいいのでしょう。二人を観て思ったことは、互いに自分にはない何かに引き寄せられ、それを確かめることで自分自身を取り戻そうとしたのではないでしょうか。
スタイリッシュな生活空間の演出は、主人公グレイ(ジィミー・ドーナン)の隙をみせない人生を象徴し、クールでまさにグレーそのもの。もうひとりの主人公アナ(ダコタ・ジョンソン)は、純真無垢で真っ白。そんな二人が交わす契約の結末はいかに・・・。恋する男と女って複雑だってことだけは、間違いなく確かめることが出来ますので普通の恋愛に飽きた方は是非劇場へ・・・。最後に音楽の使い方が実に上手く、演出効果を高めていたことを付け加えておきましょう。
P.S. 観た人はきっとみな感じたと思いますが、演出が”ナイン・ハーフ”にとても似ています。というか違うところを見つけるほうが難しいかも。ピシッと並んだネクタイや掛けられた数々のスーツの演出などなど・・・。表裏をイメージさせるモノトーンの世界観が思い浮かび、そしたらまた急に”ナイン・ハーフ”が観たくなりました。
Shoji UEKUSA
[PR]
by eddy-web | 2015-02-16 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< 娘の卒業制作「製菓製パン作品展... よもやまシネマ-187 サンバ >>



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif