人気ブログランキング |
よもやまシネマ-180 6さいのボクが、大人になるまで。
e0120614_12272485.jpg

2015.Jan.05

たった一日あけての映画鑑賞。お正月ですから、今日はわざわざ銀座までお出ましです。前評判の高い“6さいのボクが大人になるまで。”がその作品。なぜ、評判かと言えば、この映画は主人公メイソン(6歳)の子どもから大人(18歳)へと成長していく過程のドラマですが、なんと主人公並びに家族のキャストを本当に12年間撮り続けたというもの。いままでにない製作手段で、当然リアルな表現となりある意味ノンフィクションを観ている感覚になる。ひとりの少年とその家族の成長が、少年の眼をとおし描かれているこの作品。まず監督とスタッフの熱意というか継続する忍耐に拍手である。12年間は凄いです。2時間ちょっとの作品の中に12年間の出会い、別れ、葛藤、執着などなどがギュッと詰まっています。人生って・・・と考えさせられる。『絆』みたいな奇麗ごとでは表せない、もっと深い真実の繋がりに出会いました。
一昨日観た作品“あと1センチの恋”も12年間を描いていましたがこれは偶然。こちらはメイクやヘアー、衣装でその時間の流れを描きだしたもの。くらべるものではないが、“6さい・・・”のほうが、主人公の容姿がどんどん変わり、まるで別人のように観えたのにはビックリ!!ヘアースタイルや衣装は当然ですが、体系や顔の感じがどんどん変化し確かに現実的。ちょっと余談だが、会場を後にする時観客のご夫人二人づれが「あの男の子、随分かわっちゃたネェ〜っと」話していました。どういう意味かは想像にまかせます。
この作品もサブカルチャーを実に巧みに取り入れ、時の流れを表現しています。ファッションはもとより、TVやゲーム、ビンテージカーそして音楽などそのときどきの流行をさりげなく演出効果として使っています。アメリカと日本の文化や考えの違いは多少ありますが、わたしの感想は「人生は小説より奇なり」と感じたこと。どんな人にもいい時も悪い時もある、それが大きかったり小さかったりはあるが比べるものでもなく平等にそして確実にあるという事実。だから人生は意味深く、ひとを成長させる大切な時間なのである。この映画はそんなことを教えてくれます。それにしてもアメリカという国はおおらかと言うのか、別れた夫婦が互いに再婚しても付き合える関係を保てる。これは凄いことです。なかなか真似出来ません。それは同時に子どもへの深い愛を感じさせてくれました。
主人公メイソンを演じたエラー・コルトレーンは幼年期のあどけなさから少年期の不安、そして青年期の夢と現実の狭間など、見事に演じきりました。幼年期は言われるまま演じたが、最後はまるでメイソンが自分自身のように感じたと感想を述べています。12年はそれほど重かったのでしょう。あと特に印象深かったのは、母親オリヴィアを演じたパトリシア・アークエットの存在感。圧倒されました。母そして女としての性や慈愛など、ほんとうに迫力ある見事な演技でした。父親メイソン・Sr.を演じたイーサン・ホークはこれまた味のある父を演じ、憎めない父親像を創り上げています。流石名優。このお父さんはチョット的外れなとこもありますが、こどもに取っていい父親だと思います。妻・母から観ると?!?!? ウゥ〜ン!私からは言えません。わたしはこのお父さん大好きです。最後にもう一度、12年間ご苦労様でした。拍手です。
Shoji UEKUSA
by eddy-web | 2015-01-06 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< 2014年度、ワガママに選ぶ“... よもやまシネマ-179 あと1... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif