人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ571 “ジュラシック・ワールド/新たなる支配者“
よもやまシネマ571 “ジュラシック・ワールド/新たなる支配者“_e0120614_15262303.jpgよもやまシネマ571 “ジュラシック・ワールド/新たなる支配者“_e0120614_15270157.jpeg



2022.7.29.

夏休みに入った息子を連れだって、”ジュラシック・ワールド“の新作を観に近隣の劇場へ。前々から約束をしていたのだが、公開初日の3D-IMAXバージョンはやはり混雑していて
チケットが朝一しか取れませんでした。寝ぼすけの息子なので前日から、「起きられなかったらおいてくぞ!」と脅しをかけていたわたし。何とかお越し劇場へと自転車を走らせ、無事鑑賞。専門学校でCGの勉強をしている息子だが、映像創作の勉強もあり結構映画を観ているようである。わたしほどではないにしろ、鑑賞後の感想を聞くのもなかなか面白く若者の感性を知るのには好都合の機会である。
さて感想です。まずは息子に聞いたら「新しい恐竜が観れたのは良かったけど、ストーリーはもう限界にきてる感がある」と生意気な意見。でもあながち間違ってはいないと自身も納得。「ジュラシック・ワール-ド」の前身「ジュラシック・パーク」が公開されたのが、1993年。人気シリーズを手掛けて来たのは名匠スピルバーグ監督。毎回新たな恐竜が出てくるのも楽しみなひとつだが、何と言っても考古学や生物学などを加味したリアルな表現力が最大の魅力。観る度にハラハラドキドキの演出は変わらず健在で、必ず一度や二度は席から飛び跳ねてしまうような展開が写し出される。もちろん今回も・・・。このシリーズは大きく分けパークシリーズとワールドシリーズに分類されている。軸はいっしょだが関わる人物たちが変わっていき、現在の形となりました。前シリーズはどちらかと言うと考古学をメインにした神秘とロマンに溢れたストーリー展開。ワールドは恐竜たちとの共存という難しい新たな展開になっている。はじめてこの作品を目にした時の感動は、いまだにこころに刻まれ人間の築き上げて来た科学力を持ってすれば、現代に恐竜を復活させることもまんざら夢ではないかも?と本気でおもわせてくれました。化石(琥珀)の中に閉じ込められた蚊を取り出し、太古の時代に地球上に君臨していた王者たちの血を吸っていたその蚊から、DNAを取り出し復活させるという発想にこころがときめいたひとは多いはず。ところが人間たちの夢はほころびをみせ、まさに神を冒涜した所行はその反動で驚異へと変わっていく。夢は夢のままで置いとく方が、人間にとっても恐竜たちにとっても幸せなのかも知れないと作品はうったえていた気がする。ここでポイントになるのが、人間の欲である。シリーズを追うごとに、必ずといって良いくらい恐竜たちを商売の道具として利用を試みる輩が登場する。ここらへんがまさに映画の定番となる、勧善懲悪のシナリオ。人気シリーズは常に2匹目のドジョウを狙っているのが、世の常。人気があればそのままにするはずもなく、次回作の構想がすぐ降って湧く。もちろん観客が臨むからにほかならないのだが・・・。いつも想う事がある。人気シリーズの終わり方である。落としどころは制作スタッフを多いに悩ませる議題である。観客が何を望んでいるのかを、きっと分析し常に戦っているのだろう。観客は十人十色でそれぞれに念いは違うので、100%を求めるのはちょと酷かも知れない。何だか面倒くさい話になりましたが、まずは今作“ジュラシック・ワールド/新たなる支配者”を観ましょう。娯楽作品としての王堂は間違いなく、伝わってくる作品にはなっています。どちらかと言えば、人間ドラマの方に片寄ったストーリー展開ですがそちらの色が濃くなりすぎている気もします。人間が絡みすぎると素材が薄れてしまう、そんな印象をわたしは受けました。懐かしい博士たちが顔を揃え、豪華な演出になりましたがこれでラストなのでしょうか?なんかちょっと不安な気持ちが残ります。オーウエン(クリス・プラット)とプルー(ラプトル)の愛情関係をもう少し観たかったと個人的には感じています。
P.S. グラント博士(サム・ニール)、サトラー博士(ローラ・ダーン)、マルコム博士(ジェフ・ゴールドプラム)の再登場は嬉しい限りで、良い年の重ね方をしておりました。丁々発止のやりとりは健在で、とてもいい雰囲気が伝わります。物語の中でも私生活の中でも互いをリスペクトしている関係が読み取れます。これからもますますの活躍をお祈り致します。ファンより・・・。
# by eddy-web | 2022-08-01 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
NANJYa?COLLe46/何千本と観た映画作品のBest3に入る、“ブラザー・サン・シスター・ムーンのオリジナルポスター。
NANJYa?COLLe46/何千本と観た映画作品のBest3に入る、“ブラザー・サン・シスター・ムーンのオリジナルポスター。_e0120614_15134501.jpg
NANJYa?COLLe46/何千本と観た映画作品のBest3に入る、“ブラザー・サン・シスター・ムーンのオリジナルポスター。_e0120614_15140972.jpg2022.July.28.

趣味の中でもダントツ1位の映画鑑賞。高校生のときに友人の影響もあり映画岩礁にはまった自分。70年近く観続けその数数千本。パンフを必ず買うので本棚を埋めるそれを数えれば正確な数は解るのだが、もはやそんなことはどうでも良く人生に掛け替えのない夢を与えてくれた作品に感謝である。
今日のお宝は、わたしが60年にわたり観てきた映画の中でも、1・2位とも言えるフランコ・ゼフィレッリ監督作品“ブラザー・サン・シスター・ムーン"のオリジナルポスター。つい先日ある筋から入手したもの。日本のポスターでさえなかなか手に入らない人気の作品である。キリスト教の普及に生涯を費やした、聖フランチェスコを主人公にした、壮大且つ叙情豊かなその物語は、当時20歳のわたしには言葉では言い尽くせない影響をあたえた作品です。ヒロインを演じたジュディ・ボーカーはまるで天使のような美しさで、いまもケシ畑の中で戯れる姿はこころの中のワンシーンとして鮮明に残っています。
# by eddy-web | 2022-07-28 00:00 | NANJYa?COLLe(オタク訪問) | Comments(0)
よもやまシネマ570 “KINGDOM Ⅱ 遙かなる大地へ”
よもやまシネマ570 “KINGDOM Ⅱ 遙かなる大地へ”_e0120614_13594961.jpgよもやまシネマ570 “KINGDOM Ⅱ 遙かなる大地へ”_e0120614_14392645.jpg




2022.7.19.

“ KINGDOMⅡ“を観てきました。先週から公開がはじまった”KINGDAM"シリーズ第2弾。原作ファンはもちろん、映画ファンも待っていたスペクタル巨編。似たような作品で思い出すのがジョン・ウー監督の”レッド・クリフ“。中国文学「三国志」を元に史実やオリジナルの創作を交えての一大スペクタルは、内容はもちろん登場人物たちの魅力溢れる演出や衣装、美術など、どれをとっても一級品の映画は記憶に新しい。中国映画史上最高額の制作費とまで言われた作品は、そのスケールの大きな表現で世界でも大ヒットとなりファンを唸らせた。
さて、“KINGDOMⅡ”はシリーズ第二弾としてⅠの続きを描いた作品となっていて、登場人物たちはほぼほぼ同じ。原作は手塚治虫文化賞・漫画大賞を受賞した原泰久氏の漫画で、映画はコミック本の50巻達成記念として実写化されたもの。漫画は2020年12月に発売された60巻までで、シリーズ初の100万部を突破した。中国史上初めて天下統一を果たした始皇帝と、それを支えた武将李信(信)が主人公の物語である。漫画は読んでませんが、映画の本道娯楽作品としては素晴らしい出来映えで、個人的には”るろうに剣心“シリーズに続く、最高のアクション作品となっています。剣客同士の戦いもあるが、軍と軍の戦いはまた違った魅力に溢れ、あり得ないだろうと思うことも素直にうけとめワクワクドキドキを楽しむことが出来る。原作が漫画ということもあるとは思うが、登場人物たちが個性豊かに表現されている上に、そのアクションがまたたまらない演出で描かれ、観客たちのハートを揺さぶります。格闘技オタクにはたまらない一品です。こちらの作品もベースは歴史物語だが、文学ではない漫画ならではの誇張した表現は、ファンタジーそのもの。ややオーバーな台詞まわしなども、なぜかすんなりと入ってくる。例えば主人公の信は破天荒な上にお調子者。口の利き方もメチャクチャだが、何故かそのいちずさが人のこころに入ってくる。物語の中でもそう言う人物だが、映画を観ているわたしたちも同じような気持ちになってしまう不思議な魅力がある。なんか危なっかしいがほっとけない奴って感じです。それ以外の登場人物たちも、面白かったり、格好良かったりと魅力が上手に引き出され物語に厚みを持たせています。きっと主人公はもとより、敵味方関係なく各キャラにファンがついているに違いありません。わたしはⅠでは、なんと言っても楊端和(ヨウタンワ)、そして今作Ⅱでは羌廆(キョウカイ・ヤマイダレが正しい)が好き。男の中にいても、遜色ない圧倒的武功にたけたその強さは、美しさへと繋がる動きで、これぞ武術を思わせる。漫画をここまで映像に仕上げた俳優さんとスタッフには、最大限の賛辞を贈ります。本当にカッコイイヒーローです。男の子たちにはたまらない作品ですが、女の子たちが観てもきっと楽しめる作品ではないでしょうか?まだまだシリーズは続きそうですので、ますます楽しみな作品です。信が大将軍になる日を、わたしたちもいっしょに戦って行きましょう。
P.S. 信役の山崎賢斗くんはこの役が板についてきて、良い感じです。Ⅱに楊端和が出ていなかったのは、ちょっと残念でしたがその代わりに出てきた羌廆が格好良かったです。生きることを求めない深い悲しみを抱えた戦士の影は、「剣心」に相通じるものがありとても強く引かれます。劇中で彼女が過去を吐露する場面では思わず瞼が熱くなりこみ上げるものがありました。清野菜名さん最高です。アクションが得意なのは知っていましたが、見事です。楊端和の長澤まさみさん、次回作では絶対に出てくれることをこころから願っています。佐藤信介監督、よろしくお願いします。今作は中国でロケをしたとのこと。作品への強い念いが画面からにじみ出ていて素晴らしいスペクタル作品となっています。
※あとひとこと・・・、縛虎申役の渋川清彦さんとても印象に残る演技でした。映画に厚みが増したのは、こう言う立ち位置の俳優さんがいてのことと実感しました。
# by eddy-web | 2022-07-20 14:39 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ569 “バズ・ライトイヤー”
よもやまシネマ569 “バズ・ライトイヤー”_e0120614_13594961.jpgよもやまシネマ569 “バズ・ライトイヤー”_e0120614_14182652.jpg




2022.7.14.

“トイ・ストーリー“の人気キャラ・バズが、単独で主演する新作”バズ・ライトイヤー“がはじまり、鑑賞のため劇場へと足を運んだ。物語はバズがおもちゃになる前の人気キャラ誕生の秘話を描いた作品となっている。ディズニー&ピクサーが、バズのオリジン・ストーリーとして彼の魅力を新に創り上げた最新作はいったいどんな夢を見させてくれるのか・・・?
さて、ピクサーと言えば世界初のフルCG長編アニメで、次々とヒット作を生み出すアニメーション・スタジオ。今回の作品で全24作品を世に送り出し、その人気は今や不動のものなりつつある。イマジネーション溢れるユニークな「もしも」の世界を紡ぎ出し、大人も子どもも共有できる感動的な作品を送り届けている。
実はわたしははじめ、このフルCG制作された作品がどうしても好きになれず鑑賞をさけていたときがある。70にもなろうとしている人間ですので、アナログ思考が根強くどうしても昔の手作業でやっていた頃の作品に愛着を感じ、ある意味食べず嫌いといった感じでCGアニメをさけていた。ところが息子が小さい頃にいっしょに観た“カーズ”で、その面白さに感動し、それ以来「食べず嫌い」はやめ、時代に逆らうことなく素直に何でもチャレンジしていくことを悟った。それからピクサー作品はかなり観る機会が増えたのは事実。中でも“リベンバー・ミー”は特に好きな作品となり、何度も機会あるごとに観て泣いている。オリジナリティ溢れる脚本と想像力豊かな映像表現、そして音楽のコラボは、他のアニメとも違う新しい価値観を生み出しているそんな気がします。
さて、“バズ・・ライトイヤー”誕生秘話ですが、バズがこんなにカッコ良いキャラだったんだと改めて教えてくれる作品となっています。ピクサーがはじめて世に送り出した記念の作品“トイ・ストーリー”。人形を主人公にした心温まる物語の中で軸になるキャラの一人がバズ。カーボーイのウッディとの絶妙なやりとりはまさに「ボケとツッコミ」の関係。笑いあり涙ありの友情は懐かしさと共に、忘れていた子どもの頃の感情を呼び起こす。公開時は日本語吹き替えとしてバズを所ジョージさんがやっているので、どちらかといえばムードメーカー的な存在となっています。それが今作ではおもちゃになる前のキャラという設定で創られ、“トイ・ストーリー”とはまるで違うバズが登場。キャラクターを除くとまるでSF作品を観ているような高いレベルの映像が表現され、それは見事である。CGは映画づくりには絶対と言うほどのアイテムとなっていることが、作品を観て感じ取れる。バズの声を今回、鈴木亮平が担当しカッコいいバズが宇宙を舞台に大活躍する。いつもと違う相棒に囲まれ、数多くの試練を乗り越えていく姿はまさにヒーロー。おもちゃになっても大人気のキャラはこうして子どもたちのこころを捕らえたのだと知ることができる。「無限の彼方へ さぁ行くぞ!」の決め台詞もボケではなく、本当にカッコイイと思えるそんな作品となっています。新たなピクサーの試みは、ファンからすると次を期待してしまう。当然ウッディ・プライドも観てみたくなるのは心情。口が悪く皮肉屋のミスター・ポテトヘッドなんてちょっと変化球の登場もありかも???どうしたらあんなに偏屈になったのかなんて言うのも面白いと思います。魅力溢れるおもちゃたちなので、考えたらキリなくアイデアが湧いて来ます。どうぞ一考ください、ピクサーどの・・・。
# by eddy-web | 2022-07-17 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ568 “ソー:ラブ&サンダー”
よもやまシネマ568 “ソー:ラブ&サンダー”_e0120614_13594961.jpgよもやまシネマ568 “ソー:ラブ&サンダー”_e0120614_17250205.jpg



2022.7.8.

マーベル最新作 “ソー:ラブ&サンダー”を公開日に合わせ鑑賞。単独作品としてはシリーズ4作目となる今作。お馴染みのキャストが勢揃いした最新作への、期待はファンのみならず皆が思っていること。また現在動画配信サービス(ディズニープラス)にてマーベルドラマ「ロキ」が独占配信中とさかんに宣伝していてこちらも気になるところ。
神の国アスガルドの王子ソーが登場したときは、他のマーベルヒーローとはちょっと違ったイメージで、まさにファンタジーを画に書いた作品でした。アベンジャーズの中でも異彩を放つ存在で、やや違和感さえ感じたのをお覚えています。神より強い存在なんてあるのかと、正直思ったわたし…。ところが蓋を明けると見た目とはことなり、メチャクチャ繊細でとても人間臭いヒーロー。そのギャップが面白くそこに引かれたひとは多いはず。武器は巨大なハンマー(ムジョルニア)で、持ち上げることの出来る選ばれしものだけが自在に操ること出きるという代物。このあたりもファンタジー感に溢れ、面白いところ。このハンマーの伝説はかの有名なアーサー王の伝説の剣「エクスカリバー」を、意識したものであることは言うまでもない。そのハンマーを振るい雷と稲妻を操り、バッタバッタと敵をなぎ倒していく雷神ソーは無敵と誰もが思うヒーロー。ところが恋もするし、落ち込んだりもする悩み多き性格のヒーローなのが、映画の中の彼でなぜか身近に感じる異端児である。
さて、感想です。正直なところ“ソー”って、こんなんだったけ!って感じです。シリーズを通し思い当たるのは、アベンジャーズに参加するようになってからの彼の存在。多のヒーローはもとは人間という設定が多く、それらが科学の力で変身し特別な能力を授かり悪と闘うという構造。それぞれに悩みを抱え、闘う姿にファンは引かれるのだが、完全無欠の存在のソーのポジションはちょっと無理があるのではと思っていたことがある。ところがむしろアベンジャーズのメンバーの中でも実は一番人間ぽいっのがソー。サノスとの戦いで多くの犠牲を経験し、そのあげく引きこもり状態になり激太りしたのは記憶に新しいところ。再生復活はしたがあの辺りから、ソーのイメージは著しく変わりはじめた。まんかコミック色が一段と強くなり、笑いを取るシーンが増えはじめたのは事実。そんな流れが今作では思いっきり映像化され、はじめに申し上げた“ソー”って、こんなんだったけ!と、思ってしまったのである。娯楽作品としては多いに楽しめるし、スカッとする仕上がりにはなっていて悪くはない???こんな風に感じているのはわたしだけでしょうか?
劇中、地球に住まいを移したアスガルドの人々が暮らす町が映し出される。そこで行なわれている演劇風景は、完全にお笑いを取りに来ている。演目は今までのソーの活躍を物語にしているもので、演じる役者も超豪華!!ソーの役をルーク・ヘムズワース(兄)が演じ、わたしは本人だとばかり思っていて後から知りビックリ仰天。余りにも似ていてきっとほとんどの方はみな、わたしと同じ思いだったに違いない。そして弟ロキをマット・デイモン、オーディンをサム・ニールとわずかな登場時間にこれだけ高価な俳優陣を揃えるマーベルには驚かされるばかり。他にも沢山のスペシャルゲストがいたらしいのだが、編集の段階でそうとうカットされたと聞きました。ともあれこのサプライズは嬉しい反面、内容の方にもう少し時間とお金をかけた方が良かったのではと個人的には思う。他にも神の中の神ゼウス役にラッセル・クロウが出ていてポチャリお腹を駆使して、ダメダメな神を演じています。この辺りの演出は次回作へと続く様相なのだが、神は完全に地に落ち人間と変わらない存在になりこれこそ「神も仏もない」状況です。これからどんな展開になっていくのかが、ちょっと不安になるラストです。
今回ビラン「神殺し・ゴア」を演じたのが、クリスチャン・ベールですが一番存在感があり光っていました。ロキもそうですが、敵ながら心引かれる存在で憎めませんでした。水面を背景にしたラストは美しく、こころに残るシーンとなりこころに刻まれました。ファンはとにかく早く劇場に足をはこび、どんな感想を持つかを知らせて欲しい1本です。
P.S. わずかな出演時間にも関わらず登場している俳優さんたちを探すのが面白いのだと、本末転倒ですがどうもそっちに気を取られてしまうそんな作品でした。久しぶりに登場したナタリー・ポートマンでしたが、今回の役のためにビルドアップをしたような感がありさすがプロと感じました。美しさはもちろん変わらず流石です。
# by eddy-web | 2022-07-09 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif