人気ブログランキング | 話題のタグを見る
映画“PERFECT DAY”の中で、主人公・平山が通うお風呂屋さんに。
映画“PERFECT DAY”の中で、主人公・平山が通うお風呂屋さんに。_e0120614_17481601.jpeg
映画“PERFECT DAY”の中で、主人公・平山が通うお風呂屋さんに。_e0120614_17485304.jpg

銭湯探訪63 電気湯(墨田区京島3)

2024.2.20.



2月だというのに、東京は4月並みの気温になりました。まるで地球が悲鳴でもあげているようで、なんだか怖い陽気です。さて、こんな日だからこそ銭湯日和と思い立ちチャリをひとっ走り。前々から決めていた、スカイツリーのお膝元にある“電気湯(曳舟)”にやってきました。

実はこの銭湯、映画ファンなら皆知っている、現在公開中の映画“PERFECT DAY”の中で主人公平山が通うお風呂屋さん。贅沢を求めず毎日をヒタヒタと暮らす、主人公の生き様に心を動かされたひとは多いはず。平山のような生き方を真似しようとしても、なかなかできるものではないと誰もが思うに違いない。「名もなく、貧しく、美しく」とは、こんな人生の送り方なのかも知れない。日々の生活の中、小さな幸せを見つけその喜びを噛み締める人生って素敵です。その平山が1日の疲れを癒す場所の一つが、この銭湯。映画大好きの私と、銭湯大好きの私がリンクしました。

映画ファンと銭湯ファンを自称する私が、銭湯巡礼と聖地巡礼をまとめてする、この機会を外すはずもなく満を持して訪問です。

玄関前に着くと開店直後にもかかわらず、自転車が所狭しと並んでいる。人気を窺わせる光景だが、やっぱり映画の影響でしょうか?ブログ用の写真をまずはパシャリ!そして暖簾をくぐりまずは挨拶。いつも通り支払いを済ませ、「お遍路巡礼スタンプノート」にスタンプをお願いした。おかみさんが笑顔で迎えてくれ「どっちのスタンプにします!」と声をかけてくれた。すぐに「どちらでも?」と返事をするなり、「お客さん多いみたいですが、映画の影響ですか?」と人目も憚らず聞いてしまった。おかみさんは気さくな方ですぐさま「そうですねぇ〜〜、いい映画でしたよね〜っ」って嬉しそうに言葉を返してくれた。もうこの時点ですっかり、このお風呂屋さんが好きになった私。サウナもお願いし、いざ中へ・・・。

脱衣所から浴場を除くと立派な「赤富士」の絵が見えた。あれって???と思った私だが、取り合えず手早く衣服を脱ぎ浴場へと。満席だ!!土日なら他の銭湯でも見られる風景だが、平日のこの時間でこの人数は驚きである。まずはぐるりと銭湯の中を見回す。湯船の後ろにまるで額に収めたような「赤富士」が客を迎える。サインは中島盛夫絵師によるもので、夕暮れにほど近い時を描いたであろうほんのり赤く染まった富士山が・・・。天井は半円を描いた銭湯特有のアーチ型だが、彩色が緑、青、黄色の3色に分かれ間に白が入りモダンな感じを醸し出しテイアタ。入り口付近にサウナがあり、隣接して水風呂が設置。正面には3層に分かれた湯船があり、どの湯船も熱からずされど緩くもなく絶妙な湯加減。長湯な私にはもう最高!結局この日も滞在すること2時間。またまた私好みの銭湯に巡り合うことができ、大満足の一日。銭湯の良さってお湯もさることながら、集うひとたちの雰囲気で解る気がする。みなさんとても良い顔をして、お湯に浸かっています。このお風呂屋さんが街の人たちに愛されていることが、伝わります。この日は満員で椅子が足りなく直にタイルに座りシャンプーをしていたのですが、隣にいたオジサン(お爺さん?)が上がる時、「この椅子、つかうっ!」と声をかけてくれました。「ありがとうございまう!」といい、椅子を使わせてもらった私。この小さな触れ合いが、辞められない一因です。湯上がりに限定のコーラをいただき、おかみさんとしばしの談笑。映画を観たお客さんたちが書いていった寄せ書き帳を渡され、時間を忘れ見入ってしまった。沢山の人たちの心のこもった感想が書かれていて、「うん、うん。」と頷く私。時間を忘れて読みいってしまったが、流石に全部は読めずまた来ようと決め、帰宅の途についた。外はもう夕暮れになり、柔らかなオレンジ色がほんのり熱った身体を包み込んでくれました。

映画“PERFECT DAY”の中で、主人公・平山が通うお風呂屋さんに。_e0120614_17514526.jpeg

P.S. 冒頭「赤富士」の絵を見てあれっ!と思った訳ですが、実は映画の中のシーンで見た絵は青空の富士山だったから・・・。聞けば撮影は女風呂を使ったそうで、外からの柔らかな光などが差し込むという条件を満たすためだったようです。やっぱりクリエーター(映画制作)の拘りは、半端ないですね!いい映画に良い銭湯。今日は一日花丸印の大満足でした。そう言えば「電気湯」って名前、ちょっと変わっているなと思っていたら、創業100年になるこの銭湯は当時珍しく、電気で湯を沸かせていたと知りました。なるほど・・・。またひとつ勉強になりました。また、ぜひ来たいと思います。


# by eddy-web | 2024-02-21 17:52 | Love ゆ Tokyo(銭湯探訪) | Comments(0)
よもやまシネマ671 “ボーはおそれている”

よもやまシネマ671 “ボーはおそれている”_e0120614_18202171.jpg
よもやまシネマ671 “ボーはおそれている”_e0120614_20023927.jpg


2024.2.16.


今やハリウッドを代表するアクターとなった、ホアキン・フェニックス。難しい役どころを難なくこなすその実力は折り紙つき。その彼の最新作、“ボーはおそれているを鑑賞。予告編を観てその情報に心が躍り、早速劇場へ・・・。まず刺激を受けた情報はなんと言っても、ホアキン・フェニックスの主演。そして次がA24が制作し、監督・脚本がアリ・アスターである事。この3つの駒が揃えば、期待せざるを得ない。さまざまな映画賞に次々話題作を提供する、ハリウッドで今最も勢いのある映画制作会社A24。そのA24が見出し、ヘレディタリー(継承)”“ミッドサマーと立て続けて、大ヒット作を生み出したcと3度目のタッグを組んで創り上げた最新作がこのポーはおそれているである。そして主演がホアキン・フェニックスとなれば、観るのは当然の行動。いったいどんなクリエイティブな世界を観せてくれるのか、見る前からワクワク、ドキドキ感が高まる。以前ミッド・サマーを鑑賞した時、こんな作品は2度は観たくないと言ったわたし。カルト的内容とその表現が、余りにリアル且つグロで気分が悪くなったことが今の脳裏に浮かぶ。ストーリーや映像表現の素晴らしさは、素直に認める出来なのだがどうしても受け付けない思考が働き拒んでしまう。その後批評を色々読むと、「消えない傷」を観客に植え付けた天才監督とアリ・アスター監督を称賛していました。なるほどと思う批評に、狙い通りに創り上げた監督に完敗したことを認めざるを得ない。基本A24作品は好きである。いつ観ても感性を良くも悪くも刺激され、映画の持つ魅力と可能性を今までにない切り口で私たちを楽しませてくれる。目の離せない存在であることは間違いのないこと。

前置きがいつものように長くなりました、すみません。悪い癖というか、刺激が強い作品に出会うといつもこうなる。のめり込んでしまう自分が、怖いです。

さて、感想です。いやぁ~~~っ、何から話をしたら良いやら頭の中がグチャグチャです。脳みそが掻き回される3時間の旅はかなり、ハード。A24、アリ・アスター監督にしか創れない作品であることは間違いありません。観客の想像を遥かに超えた展開に、迷路に迷った羊と化すそんな自分になってしまう感覚。主人公ボーがそのまま、自身と重なり最後はもう、クタクタです。長編ですが、長さは感じません。ですが、100mを全力で走ったくらいの疲労感が残ります。体調を整え挑むことをお勧めします。映像表現や演出は内容を和らげる効果を狙ったのか、絵本風のアナログ的表現を加えたりし遊んでいます。つい先ごろ見た、哀れなるものたちに近い作品と言っても良いかも・・・。そう言えばこの作品の制作会社もまた、脚光を浴びている新進気鋭のサーチライト・ピクチャーズという制作会社。ハリウッドは今、新しい風が吹き革命にも似た潮流が生まれ始めているようである。お金さえ掛ければの時代は、もう終わったようである。

人間の中に棲みつく「強迫観念」に犯された主人公ボー。数日の出来事の中で、一生分のエネルギーを使いエンドロールを迎える。観た人に再び「消えない傷」を植え付ける作品、そんな作品になっています。個人的には、まだこちらの方がミッドサマーより、ソフトだと思います。主人公は明らかに病んでいるのですが、なんか自分の中にも潜んでいるようで怖いです。映画としては記憶に残る一品となりました。是非とは言いませんが、観て損はない作品です。

P.S. ホアキン・フェニックスという俳優さん、改めて凄い人だと強く感じました。近い俳優さんを探すと、頭に浮かんだのがレジェンド、ジャック・ニコルソン。最近あまり観ていませんが・・・。そう言えば共通点が見つかりました。2人とも「ジョーカー」を演じているということ。バットマンの宿敵ジョーカーは、それほどにキャラの深みがあるという事実ではないでしょうか?ビランの中でも一番好きなキャラですが、ホアキン・フェニックス、ジャック・ニコルソンも甲乙つけがたい怪演でしたが、忘れてならない人がもう一人。若くしてこの世を去ったヒース・レジャー。この人の名も永遠に映画ファンの心に刻まれた俳優さんではないでしょうか?こう考えるとジョーカー役を射止める俳優は、間違いなく名優と呼ばれる証。今年公開のバットマンが、今から楽しみです。

作品のパンフがめちゃ凝っていて、作品に負けず劣らず完成度が高い作品となっています。A24の作品は、いつもクオリティの高いデザインでパンフも素晴らしいです。デザイナーに拍手です。


# by eddy-web | 2024-02-19 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
昨年暗い話題ばかりの日本中に、唯一元気を与えてくれた大谷翔平の大リーグ「ホームラン王獲得記念切手」をゲット!
昨年暗い話題ばかりの日本中に、唯一元気を与えてくれた大谷翔平の大リーグ「ホームラン王獲得記念切手」をゲット!_e0120614_11170059.jpg


昨年暗い話題ばかりの日本中に、唯一元気を与えてくれた大谷翔平の大リーグ「ホームラン王獲得記念切手」をゲット!_e0120614_11173399.jpg

2024.2.15.

今日ご紹介するお宝は、昨年末に予約販売された大リークで厚役する大谷翔平の「ホームラン王獲得」を記念した切手セット。日本中に元気と希望をくれた大谷翔平。暗いニュースばかりが毎日流れ、心が荒んでしまった国民に唯一希望の光を灯してくれたまさにヒーロー。どれだけ私たちに勇気を与えてくれたかわからないほど、素晴らしい活躍をしてくれました。彼が日本人で初めて打ち立てた偉業を記念しての記念切手セット。これを買わない訳がありません。また、大切なコレクションに切手のセットが加わりました。子供の頃集めた切手は今も大切に保管していますが、切手収集はとうの昔に辞めている。外国にいった時に買った切手は結構大切に貯めていますが、マニアとまでは至りません。今回は切手が欲しくて買ったわけではなく、大谷選手の偉業と活躍に感謝を込めての購入です。完成度の高い仕上がりに、大満足のわたしです。


# by eddy-web | 2024-02-18 00:00 | NANJYa?COLLe(オタク訪問) | Comments(0)
1月に取材を受けた不動塾(スポチャン)道場の動画が、YouTubeで公開されています。
1月に取材を受けた不動塾(スポチャン)道場の動画が、YouTubeで公開されています。_e0120614_09423726.jpg

みなさんいかがお過ごしでしょうか?あっという間に2月も半ば、待ってくれない時間の速さに戸惑う今日この頃です。さて年明けに道場の取材を受けた江東区公式ケーブルTV、「江東ワイドスクエア」。放映されたコーナーの「伊藤永夏のスマイル😀いっとう賞」YouTubeで公開されました。わたしが仕事とは別に長年続けている武道の一つ小太刀護身道(通称・スポチャン)。現在江東区と足立区で道場を開設し、はや40年を超え、かけがえの無いライフワークとなっています。道場では多くの親子が在籍し、毎週楽しい汗をかいています。そんな雰囲気が伝わる動画ですので、どうぞご覧ください。もし興味を持っていただけたなら、体験入門にお越しください。歓迎いたします。

足立道場/土曜日午後6時~9時(7時半から拳法) 東陽道場/午後2時~6時(4時から拳法)問い合わせ090-3448-1135 不動塾塾長 植草庄治



# by eddy-web | 2024-02-15 09:55 | NEWS | Comments(0)
よもやまシネマ670 “GHOST WORLD”

よもやまシネマ670 “GHOST  WORLD”_e0120614_19544869.jpg
よもやまシネマ670 “GHOST  WORLD”_e0120614_20023927.jpg



2024.2.13.


菊川にあるミニシアター、「ストレンジャー」にやって来た。2度目の訪問は、再映されている若者に圧倒的指示を仰ぐ名作“GHOST WORLD”を観に・・・。もちろん観ていない作品で、今回が初鑑賞。2001年の作品は、ティーンの生き様をブラックなユーモアとエキセントリックな演出で当時物議を醸し出した作品。主人公はハイスクールを卒業し社会へと一歩足を踏み出す、2人の少女イーニド(ソーラ・バーチ)とレベッカ(スカーレット・ヨハンソン)の青春群像を描いています。

鑑賞後、あぁこんな時代もあったなぁ~~~って妙に懐かしい気持ちが蘇った。彼女たちほどぶっ飛んではいないが、妙に世の中を斜めに眺め抗っていたそんな時代。男と女の違いはあれど、一度は通る青春の染みる経験。良くも悪くも成長への苦い思い出といった話である。

時代を感じさせる作品は、当時の若者の冷めた感覚に溢れ、時に辛辣、そして客観的で挑発に富んでいる。歳を重ねた今、もしこれが自分の娘ならどう対処するのだろうと思い悩む。映画はフィクションだが現実と交差する内容は他人事でもない。そう思うと少し恐ろしい気持ちにもなる。元々はアメリカのコミックが原作だと知ったが、日本はここまではいってないと思う若者の生態が浮かび上がる。実態はわかりませんが・・・。なんだか妙に自分が歳をとってしまった、そんな気持ちが湧いてくる。なんでか説教をしたくなる自分が顔を出し、「いいじゃん!ほっとけよ!!」とはいかないジジイが顔をもたげるのだ。あぁ~~っヤダヤダ。なぜこんなに歯がゆいのかと考えるに、息子がちょうど今こんな時期だからと気がつきました。子どもも大変だが、親も大変です。色々考えさせられるそんな作品です。

さて、映画は2人の少女の葛藤を紡ぎ、彼女たちの目線で辛辣に毒を吐き挑発を繰り返す。ある意味素直、そしてある意味身勝手な思考である。かなりやっば目の言葉が乱舞するが、怒りより笑いを誘う。誇張もあるが本音はさらっと口から溢れ出す。思ったことをここまでストレートに口に出されると、小気味良さが上回り笑えるのである。こんな生き方良いとは言えないが、モラルでがんじがらめな社会への宣戦布告でもある、そんな気がする。22年前の作品とは思えない、切れ味鋭い作品は今の若者にはどう映るのだろう?思うに彼女たち以上に冷めた目で、この作品を観ていたらゾッとします。そうでない事を願うばかりだが、いや、裏を返せば熱いからこそ冷めた目線で世の中を観ていると信じましょう。

この作品はアカデミー賞をはじめ多くの賞にノミネートされ、多くの映画賞を獲得。今再映されるのは、きっと意味があってのこと。もうすぐ古希を迎えるわたしですが、とても刺激を受けました。彼女たちみたいな生き方はできませんが、素直に思ったことを堂々と言葉にし伝えらえるようになりたいと思います。もちろん相手を思っての事ですが・・・。人は生きていると、気が付かないところで人を傷つけているので・・・。

P.S. メインキャストのイーニド役のソーラ・バーチの演技は見事です。難しい役どころですがつまらない世の中や大人たちに争う姿は、生意気だがその裏側にあるモヤモヤした感情が繊細に表現され愛おしい。美人とは言えないがとてもキュートである。調べたらハリソン・フォードと共演したパトリオットゲームで娘役を演じていた子だと知りました。子役の頃から評価の高い俳優さんだったようである。もう一人のキャスト親友を演じたスカーレットヨハンソン。もう今更言うことはない、今やハリウッドの顔とも言える女優さん。美しいだけでなく演技力にも定評があり、どんな役も見事にこなす唯一無二の俳優さんとなりました。また、新作で会いましょう。作品の見どころは他にもたくさんあり、90年代ファッションや音楽、ただ懐かしいだけでなく躍動感に溢れ、その時代をシンボライズしていています。オタクの世界も描かれ、オジサンたちも大喜びの作品です。結論「早く大人になれよ!」と思う自分と「つまんない大人になるなよ!!」と思う自分が、交差するそんな作品です。







# by eddy-web | 2024-02-14 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif